会社案内

健康経営宣言

島根日野自動車『健康経営宣言』

島根日野自動車は、社員が幸せで、活力ある企業であり続けるためには、社員とその家族が心身ともに健康であることが重要な経営課題と捉え、お客様へ期待を超えるサービスを提供するためにも、社員一人ひとりの健康を組織で支える健康経営を推進し、健康で快適に働ける会社をつくっていくことを宣言します。

島根日野自動車株式会社
代表取締役社長 多久和 稔

健康経営の取り組み

目的

「島根日野健康宣言」に基づき、社員とその家族の心身の健康増進を図り、快適な職場環境づくりを推進することで、お客様へ期待を超えるサービスを提供し、地域社会に貢献することを目的とする。

体制

  1. 代表取締役社長を責任者とした健康経営プロジェクトグループ(PG)を組織する。
  2. 健康経営PGは、取締役会と連携を取りながら健康増進を推進する計画を立案し推進する。
  3. 健康経営PGは、健康増進計画の進捗状況を管理し、定期的に拠点毎の会議で報告する。

方針

お客様、地域社会から信頼される会社・社員が「入って良かった」と思う会社の実現には健康経営の実践が重要と考え、以下の取り組みを実施する。

  1. 健康診断(再健診を含む)の受診を徹底し、産業医からの保健指導等により、「疾病予防と低減」「早期発見・早期措置」、「日常生活に潜む健康リスクの周知」を推進する。
  2. 日常の啓蒙活動を意識させ、研修会や相談窓口を開設することで社員一人ひとりの健康管理への意識を高める。
  3. 怪我や疾病罹患時の長期治療に専念できる職場環境づくりと、復職時の支援など、長期休業時のフォロー体制を充実させる。
  4. 職場内の「対話」を活性化し、何でも相談できる風通しの良い職場環境を作り、自立的に健康経営が出来る社風を構築する。

健康課題・目標と改善施策

  1. 生活習慣病などの疾病の高リスク者に対する重症化予防
    • 定期健診結果「要治療」「要精検」者への再受診率100%
    • トップダウンによる管理者及び対象者への受診フォロー
    • 就業時間中の特定健康診断未受診者・要精検者への受診勧奨
  2. 生活習慣病の健常者に対する発生予防
    • 健康診断受診率100%継続
    • 特定保健指導実施率50%以上
    • メタボリックシンドローム該当・予備群に対する注意喚起
    • 各年度毎の健康診断集計結果の共有
  3. 労働時間の適正化・ワークライフバランスの確保
    • ストレスチェック受診率100%継続
    • 半日休暇制度の導入
    • 長時間労働の削減(月45時間超)の5%削減を目指す
    • クラブ活動やスポーツ大会参加への費用補助